「下剤・便秘薬」vs「乳酸菌・ビフィズス菌」私が感じた利点と欠点を述べよ!

下剤・便秘薬vs乳酸菌・ビフィズス菌 美腸コラム

私はずっと下剤・便秘薬を飲み続けて依存していました。それには一応理由があったわけですが…

けれども、ずっと飲み続けることが苦痛になったのと、飲み続けることへの不安から、乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる菌を積極的に摂るように努め

でもときどき、下剤・便秘薬が恋しくもなるんですよね。だって下剤・便秘薬にも利点は大いにあるから。

 

飲み続けることへの不安↓

下剤・便秘薬を使いすぎることは怖い!とこうへいたの母が思う理由
ずっと下剤・便秘薬を飲んでいて恐れていたことがありました。それは飲み続ける効きにくくなる、ということ以外に「腸が黒っぽくなってしまう」という「大腸黒皮症(大腸メラノーシス)」という症状があることを知っていたから。

 

下剤・便秘薬だっていい薬!でも欠点もあるから。下剤・便秘薬の利点と欠点

下剤・便秘薬依存って女性に多いんですよね。

その理由ってなんだと思います?

確かに統計的には、男性よりも女性のほうが便秘になりがちな体質だったりもします。

生理中はおなかがゆるくなるのに、生理前は便秘がちになることってありますよね。ホルモンの関係なので仕方のないこと。

排便のためにはタイミングとかリラックスすることも大切だけど、恥ずかしいとか気にして、我慢しちゃったりすると出ないとか。そんな人も多い。

一回便秘になると便が固くなったりしてさらに出なくなるという悪循環😧

そうなると下剤・便秘薬に頼るという人もいます。肌荒れの原因にもなっちゃうし。

 

 

それは、下剤・便秘薬を痩せるために使う人がいるということ。

ダイエットなどで食べる量が減ると便秘になりやすいので、下剤・便秘薬がやめられなくなってしまう

それが下剤を使う理由のひとつ。そしてもう一つは

下剤を飲んで食べたものを未消化で排泄する

という理由からやめられなくなってしまう人もいるのです。

 

下剤・便秘薬の利点

そのことからわかるかもしれませんが。下剤・便秘薬の利点というのは、腸内に溜まった便を排泄してすっきりさせる力がとても強いということ。

よく効く便秘薬なんかは、おなかの中のものを絞りつくす感じになるコーラックなんかのピンクの小粒系なんて最強な気がする)

最初は普通のうんちだったのに、最後は宿便まで出し尽くしたんじゃないかと思うような、透明に近いゲル状の便になります。

お腹は痛いけれど出し尽くしたあとは、めっちゃ気分爽快! ぶっちゃけ続けているとハマりますw

 

そして人によっては、本当に「食べたものを未消化で排泄する」という効果があるらしくて、下剤・便秘薬でダイエットして痩せられたという人も実際にいます。

そういうのを経験しちゃうと、やめられなくなってしまうのも女性ならわかりますよね😦

 

下剤・便秘薬の利点。それは

 

🔸ほぼ必ず便がでるから便秘に悩まなくて済む

🔸腹痛はあるけれど、排泄した後はすっきり気分爽快

🔸痩せる、太りにくいという効果のある人もいる

 

確かにたくさん食べても、私の場合それだけで痩せられることはありませんでしたが、太りにくい気はしたし、太らないという安心材料ではありました。

私は便秘気味になるとすぐに吹き出物ができてしまうのですが、毎日下剤で排泄していた時は肌トラブルもほとんどありませんでした。

だから体の中からすっきりきれいになったような気分になれる。

けれども違うんだよなー🤔

 

下剤・便秘薬の欠点

下剤で出すとしばらくは調子がいいんです。私の場合。

けれども時間が経つと、なんだかいまいち調子がよくなくなる。

 

🔹お腹はゴロゴロ。便がたまってきだすと、げっぷやとても臭いおならが出るように😱

🔹無駄な食欲も湧いてきて食べすぎる傾向。なのに胃はもたれてるしお腹も張り気味でつらい。

🔹なのでなんだかイライラ落ち着かない。

🔹なのに毎日飲むから効果が薄くなってきて、飲む量が増える傾向に!

 

けれどもそれが毎日のことなので、体質なのかとも思っていました。

 

でもね。きっぱりやめてみてわかった。

腸内細菌叢を整えたうえでの自然なお通じだと、そんな症状はほとんどないんです。

 

下剤・便秘薬を飲んでいたときは、常におなかの中に空気が溜まってくるような感覚があって、それがつらかった。でもそれは、腸内にガスが発生していたんですねきっと。

腸内が健康だとそんなガスも発生しなくて、おならもげっぷも、おなかのゴロゴロも減る。胃もたれや無駄な食欲やイライラからも解放されました!

 

下剤・便秘薬を使い続けると、腸内細菌叢のバランスが崩れるから余計におなかの調子が悪くなるという悪循環になってしまうのです😰

だから依存しているうちはずっと、一時的にはスッキリしても、なんだかイマイチ調子がよくないということになる可能性が!

便秘からは解消されるけどね、なんだか常に不快な状態を感じている人もいるんじゃないかな。

 

便秘は体にも心にもよくないし、放っておくと大変なことにすらなってしまうので、時には下剤・便秘薬に頼るのはいい。

けれども依存、常用になってしまうと、本来あるべきの健康的な体の状態を損なってしまう。

そしてそれすらにも気づけなくなって、常に体調がすぐれないというのが当たり前になってしまっているのかも! 

 

乳酸菌・ビフィズス菌は健康にもいいけれど。利点ばっかりじゃなくてやっぱり欠点もある!

乳酸菌ビフィズス菌は、おなかの調子だけじゃなくて、メンタルや体のいろんな部分、症状に効果があることがわかってきている。

実際私も、乳酸菌、ビフィズス菌の摂取を心がけて、体調は前よりもずいぶんと良くなったけれ、ど…

ぶっちゃけ欠点もあるんだよね😕

 

私は下剤・便秘薬依存になっちゃったくらいだから、もともと便秘しやすい体質。

中学生のころから悩んでいた記憶がある。

ダイエットもよくしてたし、その影響でなのか「摂食障害」にもなった。それで余計に便秘症が悪化して、常に便通をよくする方法を試行錯誤していました。

 

楽なんだよね、便秘薬で出しちゃうのって。いちばん手っ取り早いもの。

乳酸菌・ビフィズス菌が便秘にいいと言われていることは知っていたけれど、私には全然効果がなかったからず~っと信じてなかった。

 

乳酸菌・ビフィズス菌の欠点

乳酸菌・ビフィズス菌は便秘にいい

そう信じて、ヨーグルトやらサプリメントやら。

「乳酸菌・ビフィズス菌を増やすためには食物繊維も必要」ということで、プルーン食べたり難消化性デキストリンを購入して飲んでみたり。

オリゴ糖もビフィズス菌の餌になるからっていうので、飲み物にオリゴ糖を入れてみたり。

いろいろやったけれどあんまり効果はなく…逆に極度の便秘になってしまうことすらありました😰

 

同じような経験ある人いませんか?

それってなんでなん? って思いません?

 

乳酸菌やビフィズス菌って

 

蒼井優ちゃん(似てないけどね)
蒼井優ちゃん(似てないけどね)

人には人の乳酸菌

 

ビオフェルミンのCMで耳にしたこともある人もいると思われるこのセリフのごとく。

合う合わないがあるものなのです。自分の腸内細菌がお気に召さなければ、実感できるほどの効果が得られない😢

食物繊維やオリゴ糖にしたって、その人の体質や摂取量、腸内細菌の好みによって思ったような効果を得られない。という結果に終わってしまうことも。

 

乳酸菌・ビフィズス菌の決定的な欠点。

「自分に合う合わないがある」

頑固な便秘症の人が陥りやすいのにこれがあるんじゃないかなと、長年失敗してきた私は感じます。

すぐに合うものが見つかる人もいるけれど、私みたいになかなか巡り合えない人もいる。

私の場合は、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖をいくら頑張って摂取したってダメだった。なのに

 

こうへいたの母
こうへいたの母

私にはどうやらビフィズス菌が必要らしい

 

ということに気づいてからは、あっという間に下剤・便秘薬依存から抜け出せてしまいました。

あんなに毎日

 

こうへいたの母
こうへいたの母

下剤飲んで明日もちゃんと出さなきゃ太っちゃう!

 

お肌が荒れちゃう!

 

って焦っていたのが嘘みたいに。

 

乳酸菌・ビフィズス菌の利点

最近は腸活ブームっていうほどいろいろ研究されてきて、乳酸菌・ビフィズス菌を摂取することによる利点はたくさん発見されているけれど…

 

例えば

🔸おなかの調子を整える

🔸美容にいい

🔸病気の予防につながる

🔸ダイエット効果

🔸アレルギーの改善

🔸メンタルにもいい効果

 

結局のところ「きちんと食べて消化して、いらないものを排泄する」そうすることで、それに付随していろんな機能が回るようになるよ、ってこと。

そのカギを握るのが、すべて人のお腹の中に棲みついている腸内細菌たち。

そのなかでも善玉菌の乳酸菌・ビフィズス菌がとくにいい働きをしてくれる。

 

私の場合は今のところ

🙂下剤・便秘薬依存から抜け出せた

🙂とくに食事制限とかしてないのに体重がちょっと減った

🙂お腹の不調(胃もたれ、おなら、げっぷ、お腹のゴロゴロ)がなくなってメンタル向上

🙂下剤・便秘薬で排泄してたときよりもだんぜん体調がイイ! 下腹ポッコリもすっきり

 

という恩恵がありましたよ😊

自分に合う方法や合う菌を見つけるためにかなりの時間を要したけれど

 

こうへいたの母
こうへいたの母

出会えてよかった乳酸菌(私の場合はビフィズス菌)

 

なのでした。

 

だから美腸目指そう、腸活しよう!下剤・便秘薬依存から抜け出そう!

下剤・便秘薬にも利点はあるけれど、私は乳酸菌やビフィズス菌で便秘解消したほうが楽になれた。

だから今、下剤・便秘薬から抜け出せなくなってしまっている人にもこの幸せを味わってほしいなぁって思います。

 

ホント違うから!めっちゃ楽になるはず!

 

でも。合うものや合う方法を見つけるのが、人によっては大変だったりすると思うのです😧

いくら自分に合う乳酸菌やビフィズス菌に巡り合えたとしても、気持ちの問題とかで出ないっていう人もいるだろうし(私も緊張してたり、出さなきゃって意気込みすぎると出なくなるw)

合う腸内細菌を探すのでも私みたいに時間を要する人だっている。

 

私の場合は、乳酸菌を求めすぎてビフィズス菌までたどり着くのに時間がかかったの。

その理由は、ビフィズス菌が普通に酸素のある状態で生きていられないという菌だったから、なかなかおなかに入れる機会に恵まれなかったからとか、乳酸菌とビフィズス菌の違いや特性を理解していなかったから興味がなくて、だとか。

とにかくビフィズス菌という、私のお腹に超効果あるものを摂取する機会がなかったから。

 

ちなみに便秘症の人は、人によるけどどちらかというと乳酸菌よりもビフィズス菌を先に試すほうがいいのかも。

そっちのほうが、私みたいに遠回りすることが減るような気がしますよ🙂

 

自分に合った腸内細菌、乳酸菌・ビフィズス菌の見つけ方ととり方。重要な摂取ポイント

「自分に合う腸内細菌を見つけるための大切なこと」

 

これを知らないと、私みたいに何年も

🔹便秘薬がやめられなくて腸が真っ黒かも!?  どんな腸になっちゃってんの?  っていう心配から抜け出せなくなったり

🔹便秘気味で常にうんこを出すことを考えている。ってことになったり(お泊りデートのときとかホント嫌だったわw)

🔹頑張ってダイエットしても「痩せにくい」と感じる。とか😢

 

無駄なまわり道と悩みが増えるハメに😱

 

自分に合う腸内細菌を見つけるためには? とってもありきたりなこと。だけどほとんどの人が効果がないとそうなっちゃってると思う…それは!

 

すぐにあきらめないでいろいろ試すこと

 

もうこれが本当に大事だと私は実感してる。

そして便秘解消のためなら、二週間くらい試して効果がなければ続けなくていい。

そのくらい頑張って試してもダメで、それでも続けていればいつか効果が表れるかもなんて、便秘解消のために待ってたら体おかしくなっちゃうじゃん!! って思うし、それでも効果なければ合ってないよって思うから。

だから私がサプリメントなんかを選ぶときには

定期購入がない、もしくは定期購入にしても数か月の定期購入縛りがないこと!

を基本として選んでます。

もしくは定期購入でお得になるものでも定価で買う。

 

話がそれたけど、合わなければ本当にいろいろ試してみるのがおすすめです。

それでもダメなら、もしかしたら医学的な問題なのかもしれないので、お医者さんに行ったほうがいいのかもです。

コメント