「乳酸菌vsビフィズス菌」美腸になれるのはどっち?特性や腸活のための効果的なとり方など

腸活基礎知識

乳酸菌とかビフィズス菌って便秘にいいんでしょ

 

それだけの理由で深く考えずにヨーグルトや乳酸菌飲料を購入してませんか?

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸内細菌。善玉菌の一種ですが、ちょっと性質が異なるんです。

これを知らないで腸活するのと知ってするのとでは、効果に大きな差が現れてしまうかも!

乳酸菌とビフィズス菌の性質。便秘や美容、ダイエットに役立つとり方などを知って、効果的に美腸目指しましょう!

 

✨美に努力は必要だけれど、無駄な努力はしなくていいのならしないほうがいい♪」

 

ですよね🙂

 

乳酸菌とは?

乳酸菌というのは、炭水化物やブドウ糖などの糖分を分解して(食べて)乳酸を作り出す細菌の総称。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品や漬物などの発酵食品、植物、人や動物の腸内など。いろんなところにいます。

 

形状は桿菌(桿状)の「ラクトバチルス」と、球菌(球状)の「ラクトコッカス」の2種類。

「ラクトバチルス」はヨーグルトなどのはっ酵乳に使われる菌と植物性乳酸菌があり、小腸で活躍。

とくに植物性のラクトバチルスは酸に強いので、生きたまま腸まで届き、免疫力を高めたりピロリ菌を退治する作用があります。

植物性乳酸菌で有名なカゴメの「ラブレ」なんかがそうです。

 

「ラクトコッカス」は動物性の乳酸菌に多く含まれ、チーズやヨーグルト以外に、牛乳自体にも含まれている菌で、塩分や酸にも強い菌。

免疫力を高めたり、ストレス耐性の向上やアレルギーの抑制効果があります。

キリンと小岩井乳業が共同開発した「プラズマ乳酸菌」や、カスピ海ヨーグルトにも含まれる菌です。

 

乳酸菌は酸素があっても生きられるので、主に小腸で活躍。栄養の吸収の多くは小腸で行われるので、乳酸菌を多く摂取していると消化不良の状態を防げます。

下痢になりやすい人にはとくにおススメですよ🙂

 

乳酸菌特徴

 

ビフィズス菌とは?

炭水化物やブドウ糖などの糖分を分解して乳酸を作り出す、というのは同じですが、乳酸菌との大きな違いは

乳酸以外にも酢酸を作る

ということです。

この「酢酸」はとても強い殺菌作用があり、悪玉菌の増殖を抑えます。

酢酸はダイエット効果があるとして注目されている「短鎖脂肪酸」の一種なので、ダイエット効果も期待できます!

 

ビフィズス菌はとくに「オリゴ糖」が好物で、糖分を分解して、酢酸3:乳酸2の割合で作り出します。

形状はいろいろな形がありますが、Y字状、V字状、棒状で形容されることが多いです。

 

ビフィズス菌は酸素があると生きられないという性質があるので、主にヒトや動物の大腸内で生息。

酸にもとても弱く、口から摂取しても胃酸でほとんどが死滅してしまうため、生きたまま腸まで届くということが難しい菌なのです。

 

ビフィズス菌特徴

 

乳酸菌vsビフィズス菌

「ビフィズス菌は酸素があると生きられない」

ということは?ビフィズス菌って乳酸菌と違ってそのへんにいる菌ではなく、普段の食事から摂取したりすることも難しい菌なんです。

 

じゃあ乳酸菌のほうが手軽だしいいじゃない

おなかにいいことには変わりないし

 

確かにそうだけれど、ビフィズス菌も必要なんです。というのも、人の腸内で小腸に住むのは乳酸菌ですが、大腸に住んでいるのは主にビフィズス菌。

人の大腸内にいる善玉菌の99.9%以上がビフィズス菌なのです。

そのビフィズス菌が減ってしまうと、腸内では悪玉菌が増えてしまい腸内環境は悪化。

 

⚠便秘

⚠肌荒れ

⚠免疫力低下

⚠精神的に不安定になる

⚠ガスが発生して臭いおならが出る(なんて恥ずかしいことにもなりかねません😓

 

あなたがもし、美容のために摂取しているものがあったとしても、腸内環境が乱れていると効果が減ってしまうんですよ!それって、めっちゃ嫌じゃありません?

 

高価なアンチエイジングや美容のための成分も、腸が元気じゃなければ意味がない!

 

だから良好な腸内環境のためにも、ビフィズス菌はとっても必要なのです

 

ビフィズス菌を増やすには?

でもビフィズス菌ってどうやって増やすの?

 

ビフィズス菌入りのヨーグルトもあるので、それを食べればビフィズス菌はとれるけど、ビフィズス菌入りヨーグルトは乳酸菌入りヨーグルトに比べて少ない。

それにビフィズス菌は胃酸などの消化酵素に弱くて、そのまま口から摂取しても生きたまま大腸に届くということが難しいんです。

それに、人間は赤ちゃんのころがビフィズス菌の量のピーク。年齢とともに減っていく傾向にあり、老人になると激減。1%未満に減ってしまうことも😫

 

でも、大丈夫ビフィズス菌は増やせます!!

ビフィズス菌は食物繊維が大好物なので、食物繊維をたくさんとればいいのです。

しかししかし…🤔

食物繊維は乳酸菌も大好物。なので腸の奥のほうにいるビフィズス菌には食物繊維が届けられにくいという難点があります。

 

でもビフィズス菌は、先にも書きましたが「オリゴ糖」が大好物💕

オリゴ糖は消化液や消化酵素に強く、小腸で吸収されないで大腸まで直接届くのです。

だから乳酸菌に取られずに大腸にいるビフィズス菌にちゃんと届けられて元気にしてくれる。

 

じゃあオリゴ糖をいっぱいとればいいいのね!

こうへいたの母
こうへいたの母

イヤイヤちょっと待って!!

オリゴ糖はとりすぎるとおなかがゆるくなっちゃうよ!

オリゴ糖として市販されているものは、とりすぎるとおなかがゆるくなることがあります。

でも、野菜や果物にもオリゴ糖は入っていて、野菜や果物からとるぶんには大丈夫!「玉ねぎ、りんご、ごぼう、キャベツ、大豆」なんかにもいっぱい含まれています。

 

腸内細菌が喜ぶ、食物繊維中心の食事とオリゴ糖。そしてストレスをあまり溜めずに生活リズムを整える。

そうすることでビフィズス菌は元気になれますが、完璧にやるのも大変。なので私はサプリメントにも頼っています。

乳酸菌は案外手軽にとれるけれど、ビフィズス菌はとりにくいですしね。

 

じゃあ乳酸菌はいらないの?って話じゃなくて、乳酸菌も美腸のためにはとっても必要なんです!

便秘、肌荒れなど美と健康のためには大腸にたくさんいるビフィズス菌を増やすのがいいけれど、やっぱり乳酸菌もいなきゃダメなんです。

乳酸菌は小腸で乳酸を作りだし、消化吸収を助けます。腸内環境のバランスを整えてくれ、腸の活動を活発にして便の水分量を調節してくれているのです。

小腸で栄養をきちんと吸収、大腸で悪玉菌を抑制してきちんと排泄する。そうすることで健康になれたり美容のためにいい効果をもたらします。

だから乳酸菌、ビフィズス菌どちらも増やすことが大切なのです。

 

「乳酸菌vsビフィズス菌」美腸のための効果的なとり方

乳酸菌は気を付けていれば手軽にとれる菌です。

日本人が普段好んで食べているような和食の発酵食品には菌を使って発酵させているものがたくさんあるから。味噌とか納豆の麹菌とか…

あと女子なら好きな人が多いと思います。チーズとかヨーグルトには乳酸菌が必ずはいってるし、今ならチョコレートとか飴なんかにも添加されていて購入したくなるような商品が多いですもんね。

だからそういうものと、善玉菌を増やすために食物繊維、そしてビフィズス菌のためにオリゴ糖豊富な食品をとることを心がければ、腸内環境の改善は望めます。

 

けれども、ビフィズス菌は野菜や果物、オリゴ糖を食べることで増やすことは可能ですが、口から食べて取り入れることが困難。

だからビフィズス菌入りのヨーグルトやサプリメントで補ってあげることが、便秘や美容のためにはいちばん手っ取り早いんです。

 

乳酸菌豊富な食品と食物繊維、オリゴ糖を積極的にとって、ビフィズス菌はヨーグルトやサプリメントでとる。

そうすることで便秘は改善するし、お肌もきれいになる。そしてなんと、食事制限なしに自然に痩せるということまで可能になります。

実際に私は腸活を始めてから

 

🔸下剤便秘薬依存から完全に抜け出せた

🔸お肌の調子がよくなったのを実感

🔸お腹の不調が一切なくなって気分もよくなる

🔸何をしても痩せられなかったのに自然に体重が減った

 

という効果を実感していますよ。

コメント