美腸になりたい

私が下剤・便秘薬依存から脱出できた理由

ものごころついた頃から便秘に悩まされていた私、こうへいたの母。

ピンクの小粒を100錠、みたいな下剤乱用とまではいかないけれど

毎日便秘薬を飲まないと落ち着かない

という状態のときが多くて、規定量の倍くらいは当たり前。

「快調なんていつのことやら?😳」

という感じで

一生便秘薬を飲み続けなきゃいけないのでは?

ということがとても心配でした。

下剤・便秘薬を飲み続けることの危険性

下剤・便秘薬を使いすぎることは怖い!とこうへいたの母が思う理由
ずっと下剤・便秘薬を飲んでいて恐れていたことがありました。それは飲み続ける効きにくくなる、ということ以外に「腸が黒っぽくなってしまう」という「大腸黒皮症(大腸メラノーシス)」という症状があることを知っていたから。

 

プロフィール
こうへいたの母

専業主婦、42歳
家族構成:旦那、息子(3歳)

下剤・便秘薬依存歴:トータル15年くらい

【使った下剤・便秘薬】
ピンクの小粒系(コーラック・カイベールC)
センナ入りの漢方薬(ウイズワンなど)
処方薬(アローゼン、ラキソベロン、マグミットなど)

こうへいたの母をフォローする
スポンサーリンク

なにを試してもダメだった私が、ある日下剤・便秘薬をやめられた!

テレビなんかでいくら有名な医者や教授が便秘解消には乳酸菌と言っていても

「イヤイヤイヤイヤ!そんな単純なものじゃないでしょう!」

と信用していなかった私。

というのも、今までヨーグルトを食べようが乳酸菌サプリを飲もうが全く効果がなかったから。

 

けれども出会ってしまった…

私は運命の出会いを果たしたのです💕

 

あるとき病院でラックビーという整腸剤をもらいました。

効くわけないよな~😔

と思いつつ飲んでみると…

 

 

と驚くほどの大蛇が😲

喜びのあまり二度見したよね(笑)

それも一度じゃなく、4日飲み続けたうちの2日も。

それ以外の2日ももちろん快調

ラックビーでの快調体験談

市販薬で腸活を実践!ビオスリー・ミヤリサン・ビオフェルミンで下剤・便秘薬依存から抜け出せるか?
下剤・便秘薬依存症だった私。ある日ラックビーを服用し、驚くほどの快調に!人には人の乳酸菌を求めて人体実験に踏み切ったのです。まずは市販薬の「強ミヤリサン®(錠)」「ビオスリー®Hi錠」「新ビオフェルミン®S錠」から。
ビフィズス菌BB536をお手軽に試す方法【一度は試してみてほしい】ファンケル快腸サポート
乳酸菌がなかなか合わないという人はビフィズス菌を試してみてほしい。その中でもBB536はヒトのお腹になじみやすい菌。でも合うかわからないものにお金を使うのってイヤですよね?ファンケル快調サポートならひと月1000円でお得。

 

下剤・便秘薬で得られるスッキリは一時的

下剤に頼っていたときは

「スッキリ出るけれどなんだか体調がすぐれない」

そんな状態でした。

お腹は痛いし無理矢理出し切る感じだからなのか腹部豊満感が強く、ガスが溜まって苦しい。

そんな状態なので、便秘は体に良くないけれど

「果たして便秘薬で出し切ることを続けていて大丈夫なのだろうか?」

そんな不安が常にありました。

日々コンディション良くない日のほうが多かったし😔

 

それがラックビーを飲んでいたときは全くなかったのです。

体の調子はイイし、おならもほとんど出ない。なんと出てもあんまり臭くない!

腹部豊満感もなかったのです。

 

腹部豊満感がないって!

おなかが快調って!

おならが臭くないってw

こんなにステキなことだったのね~💕

感激してしまったほど。

「下剤・便秘薬」vs「乳酸菌・ビフィズス菌」利点と欠点

「下剤・便秘薬」vs「乳酸菌・ビフィズス菌」私が感じた利点と欠点を述べよ!
私は下剤・便秘薬依存から抜け出したくて乳酸菌・ビフィズス菌のサプリメントで腸活すると決めたので、今は飲んでいませんが、下剤にも乳酸菌・ビフィズス菌にも利点・欠点はあると思うのです。下剤がやめられない理由も利点があるからなわけで。

 

「人には人の乳酸菌」を実感!!自分に合う腸内細菌を求めて腸活に目覚める

ラックビーでの快調体験を得て。

ビオフェルミンのCMで蒼井優ちゃんが

 

蒼井優ちゃん(似てないけどね)
蒼井優ちゃん(似てないけどね)

人には人の乳酸菌「人には人の乳酸菌」

 

と言っていたのを実感。

今まで私が、いくらヨーグルトを食べようと、乳酸菌サプリを摂取しようと効果がなかったのは

自分の腸内細菌に合うものじゃなかったから

だったのです。

 

私の頑固なおなかには、乳酸菌じゃなかった。

調べてみたら、ラックビーはビフィズス菌の薬だったのです。

 

私にはビフィズス菌がとても合っている!

それに気づいたこうへいたの母は、ラックビーの効果に見合ったものに出会いたい!

という思いに駆られ

 

 

これが、私の腸活生活の始まりです。

乳酸菌とビフィズス菌の違いを知ることは便秘解消の近道!

「乳酸菌vsビフィズス菌」美腸になれるのはどっち?特性や腸活のための効果的なとり方など
乳酸菌とビフィズス菌は腸内細菌、善玉菌の一種ですが性質が異なります。知らないで腸活するのと知ってするのとでは、効果に大きな差が現れてしまうかも。乳酸菌とビフィズス菌の性質。便秘や美容、ダイエットに役立つとり方を知って美腸目指しましょう!

 

誰にでも合う乳酸菌、ビフィズス菌などのお腹に効く菌はある!

今となっては、乳酸菌やビフィズス菌、その他の「おなかに効く」と言われている菌が効果ないと諦めて、下剤・便秘薬を使い続けるのはもったいないな~と思うのです。

 

だって、下剤で出すと一瞬快調になるけれど、それが続くと私の場合絶対に体調悪くなる。

それに、ビフィズス菌製剤のラックビーを飲んだときの爽快感を知ってしまったから。

 

全然違うの、スッキリ感が!

 

よほど腸の機能が衰えてしまっていない限り、探せば誰にでも自分の腸内細菌に合うものがあると私は信じています。

 

それを裏付けるのが私の昔の知人。かなりヘビー級ピンクの小粒乱用者のSちゃん。

彼女はピンクの小粒を100錠くらい飲まないと出ないそうです。

そんな彼女とコンビニに入ったとき

 

Sちゃん
Sちゃん

これめっちゃいいよ!

 

飲んでるとすごく快調

 

とカゴメの「植物性乳酸菌ラブレ」を勧めてきたのです。

ピンクの小粒をそんなに飲んでいる子でも、合う乳酸菌を摂取すれば出ることがあるのです。

 

でも彼女は、他に理由があってピンクの小粒を使い続けているようでした。

会うたびに痩せていたからね。

無理やり排泄することによる「ダイエット効果」を狙って飲み続けてしまう女の子、案外たくさんいると思う。

私も「太るのが怖くてやめられなかった」という理由で下剤を使っていたというのもあったから。

ダイエット目的の下剤・便秘薬乱用

下剤・便秘薬でダイエット。痩せるってホント?何故?体への影響は?
「食べたものを未消化の状態で強制的に便で出して痩せる」という下剤ダイエット。ダイエットだから毎日飲まなきゃいけず下剤・便秘薬に依存してしまう。実際に私も「飲んでいれば太りにくい」という理由もあって下剤がやめられませんでした。

 

自分に合った腸内細菌を知る方法

腸内フローラ検査を体験! 自分に合った腸活を考えるきっかけになった
Bifix(ビフィックス)のモニターキャンペーンで当選した「腸内フローラ検査」を体験。腸年齢、腸内細菌の内容、痩せ菌がいるかどうかまでまるわかり。腸活してる人にはぴったりな検査。自分に合った腸活の方法がわかる!

 

下剤・便秘薬で痩せられなかった私が、腸活でお腹から痩せた!

私の場合は下剤・便秘薬で痩せるということはなくて、太りにくくなる程度。

でも「食べても太らない」って魅力的でやめられなかった。

 

だけど…

ビフィズス菌で腸活を始めてから、なかなか減らなかった体重がちょっとだけ自然に減りました🎵

 

食事制限なんてまったくしてない。

下剤をやめて、食物繊維やビフィズス菌、お腹によさそうなものを務めて摂取する以外は、甘いものや油ものも食べていたからビックリ。

ポッコリお腹もスッキリしたよ。

まだ理想の体型とは程遠いけれど、ウエストラインにはちょっと自信が持てました🙂

(ウエスト67㎝→63㎝)

 

カテゴリー

 

 

試したサプリメント

  

①ビオスリー®Hi錠
「乳酸菌」「酪酸菌」「糖化菌」3つの菌の相乗効果でレビューでも高評価な整腸剤

②強ミヤリサン®(錠)
「酪酸菌」の一種で、熱や酸、そして抗生物質にも強い耐性菌

③新ビオフェルミン®S錠
3種類の乳酸菌・ビフィズス菌を配合

ビフィズス菌BB536

①日清ファルマ「ビフィコロン」
ビフィズス菌の数は一粒に50億個。特許取得の「ダブルガードカプセル」でビフィズス菌を生きたまま大腸で届けられる

②ビフィズスBBカプセル
生協で購入。ビフィズス菌の数は一粒に120億個でコスパ良し。あまり流通していないのが難点★

詳細ページ

💎乳酸菌革命

16種類もの乳酸菌を配合。
圧倒的な乳酸菌の数「1000億個」
改良を重ねて四代目の商品
乳酸菌生産物質や乳酸菌のエサになる成分も配合

詳細ページ

💎 土壌菌サプリ「おなか畑」

おなか畑3

一粒に腸内フローラに有用菌14442種類
善玉菌だけじゃなく「日和見菌」も育てる、腸内フローラ改善サプリ
「痩せ菌」も入ってる♪

詳細ページ

「機能性表示食品」だから安心
「ビフィズス菌BB536」が一日量で50億個
ビフィズス菌B-3も一日量で一億個
生きた菌を胃酸から守る製法でビフィズス菌を生きたまま腸に届けられる。

詳細ページ